HOME>イチオシ情報>外壁を保護するためには塗装をするタイミングを遅らせないことが重要

住宅の防水性を維持するために

塗装作業

住宅にとって不可欠な機能が防水性で、水を跳ねのけることで室内への侵入を防ぎます。水は建材を傷める性質があり、雨漏りをきっかけに住宅がモロくなったり、シロアリの侵食を許したりしてしまいます。埼玉で住宅を長持ちさせるためには、最低限のリフォームとして外壁塗装を実施してください。外観が綺麗な状態は建物も丈夫で防水性が優れていますが、外観がくすんでくると傷みが進行している証拠です。埼玉で適切な時期に外壁塗装をしておけば、将来の修繕費用を圧縮できるでしょう。リフォームは住宅が壊れてから行うものと考えている人が多いですが、早めに行ったほうがコスパはよくなります。生涯において住み続けたい場合、なおのこと外壁材が傷む前に塗装をしておく必要があります。

資産価値の低下を防ぐために

作業員

ずっと住み続けたいと考えていても、事情があって家を売却しなければいけない状況になることはあります。家を少しでも高く手放すためには、外壁塗装をして外観を維持することが大切です。外観を守ることは結果的に室内環境の保護にもつながり、家全体の資産価値を維持できるわけです。埼玉で外壁塗装をする時期は、使用する塗料によって変化しますが、ほかにも紫外線の照射面積なども関係してきます。

高品質の塗料を使用するメリット

女性作業員

埼玉で外壁塗装をするときに、なるべく塗料の価格を下げたいと考える人は多いでしょう。作業のたびに足場を設置する必要があるので、屋根と同時に塗装をするという方が少なくありません。塗装の品質を下げると費用も安くなりますが、肝心の耐久年数は短くなってしまいます。例えばアクリル塗料の寿命は5年程度ですが、フッ素塗料だと15年くらい持ちます。費用対効果を上げるためには、高級塗料を使用したほうがいい場合が多いです。